ほさめの落書き

気の向くままにつらつらと。

あの日について。

ずいぶんとご無沙汰していました。

年末からバタバタと日々が過ぎてしまい気づけば年度末。

 

相も変わらずあちこち走り回る日々です。

そんな中ですが、3月にはやっぱり立ち止まって考えたくなる時があるんです。

 

3.11 多くの人にとって特別な意味を持つこの日の事について少し書いていきます。

 

その日僕はまだ高校生でした。HRでざわつく教室で地震がきたんですよね。

その日までは地震という物は意外と日常的な出来事で、終わった後に「結構ゆれたねー」なんて言いながらYahooニュースを見て震度を確認する。その程度の認識だったんですよ。

 

でも、その日は全然違って「あ、死ぬかもしれない」と初めて思った日でした。

割れる窓ガラスに蛍光灯、教室を埋める悲鳴、わずか1分ばかりの時間の中であっという間に

日常はぶっ壊れてしまったんです。

 

揺れも収まって、全員がグラウンドに避難する中、両親に必死に電話をかけようとした事を覚えています。

みんなが家族や恋人を思って電話した結果、皮肉な事に電波は通じず、携帯を握りしめながら

避難した事を覚えています。

 

そんな中でも高校生って生き物はある種お気楽で、今みたいにスマホTwitterも普及していないから世間の動きもわからずバカな話をしてなんとか笑っていられる状態でした。

 

それでもその日は家に帰れず、学校に泊まったんですよね。電気も止まった学校で焚き火を囲みながらワンセグのニュースを見た時の衝撃を忘れる事はないでしょう。

 

気仙沼 火災 津波 石巻 釜石 行方不明者 死者・・・

 

本当に信じられないニュースが飛び込んできて、みんな無口になりながら焚き火を見つめた事を

覚えています。

 

幸いな事に僕の家族はみんな無事で、深夜2時頃にやっと電話が通じたんですね。

あの時ほど、家族の重要性を思った事はありません。電話口に流れる父の声に、涙をぐっとこらえていました。

 

その日からの1ヶ月は本当にあっという間の事でした。家に帰れば壁にヒビ、散らばるガラス。

使えない水道、やまない余震。必死で片付けをしながら何とか日常を取り戻そうと慌ただしく過ごしていました。

 

あの1ヶ月のせいか、緊急地震速報をきくと今でも動悸が早まって、冷や汗が吹き出ます。

 

被災地の中でも比較的被害の軽かった僕の故郷は何とか1ヶ月で前の生活を取り戻せました。

本当に被害の大きかった地域のニュースに毎日打ちのめされながらも、どこか遠いニュースのように思い始めた5月の事です。

 

何となく新聞を開いた時に飛び込む、明らかになった犠牲者の名簿を見ていたら視界に○○ ○○○(5歳)の文字がありました。

 

その時に思ってしまったんですよね。この子がなぜ死んで、何で能天気な僕が生きてしまったんだろう。この子の将来には無限の可能性があったのにと。そしてそこから20000人の数字が実態を持って頭に入ってくるようになりました。とてもとても重い数字でした。

 

ぐるぐると答えなんか出っこない事を考える中で、一つ着地点をつくりました。

せめて、しっかり生きようと。恥じない生き方をしようと。そんな風に思うようになりました。

今思えば、その日を契機に、大人になりたいと思うようになりました。

 

そして、大学生になり、社会人になりと時間が経つ中でも、毎年3月11日には立ち止まって振り返るようになりました。「しっかりと生きているのかい?」と自問自答を繰り返しながら、時々自分のダメダメさ加減に嫌気がさすけれども奮い立たせるようにしています。

 

そんな振り返りの為の文章でした。共に頑張りましょう。

 

将来の夢について。

 

「将来の夢はなんですか?」「大きくなったら何になりたい?」

おそらく、日本人なら子供の頃に5回は聞かれたことがあるんじゃないでしょうか。

プロ野球選手!パン屋さん!お花屋さん!なんて王道系から、はたまたポケモンマスターだなんて可愛らしい夢もよく聞ききました。

先生や両親はそれを聞きながら目を細めていたように思います。大人になった今、そんな気持ちがなんだかわかるような気がしてきました。

 

ところでみなさんの今の将来の夢はなんですか?

私は中学校、高校、大学、社会人と歩みを進めていくにつれて大きな声で将来の夢を話せなくなっていきました。

幼稚園の頃は水族館で働く人になりたかった。小学校では獣医さん、中学校からは医者になりたいだなんて思っていて、今では文系卒業の営業職です。どうしてこうなった。

 

多分、大人になっていくにつれて、変に現実的になっていっちゃうんですよね。

プロ野球選手になりたかった少年の大多数は中学、高校と野球を続けていくうちに、ふ思ってしまうんですよ。「ああ、この人には勝てないな。この学校には勝てっこないや。」って。

周りを見れば自分より才能に溢れていて、努力している人が山ほどいる。そんな中で、自分が努力量でも才能でも勝てないって思ってしまった時に、なんとなくな将来像が顔を出してくるんです。

 

お花屋さんになりたい! じゃあ開業資金はいくら必要?仕入先はどうしよう?損益分岐点は?立地の問題も大切だ。他と差別化するためにはどんなラインナップにしよう。だなんて考えてしまって。それをなんとかしようともせずに何となく年月ばかり重ねてしまったのが私です。

 

なんとなく、偏差値の高い高校を目指して、何となく、偏差値の高い大学を目指して、何となく大手企業を目指して。何となく、何となく。

 

あー。なんだか切ない気持ちになります。専門職になれなかった人間の苦悩は実に深い。

自分がそんな人間だからこそ、専門職、プロと呼ばれる人たちには尊敬しかないです。

いいじゃない、お客のいない料理店だって。

 

今将来の夢を聞かれたらきっと答えられないんですよ。課長になりたい!昨年比150%の数字を出したいだなんて夢とはちょいと違う気がするし。

 

なんとなく生きてきた私が社会人になって苦しんでいるのはそこなんです。結局君は何がやりたいの? 答えられないじゃん。

 

でもね、将来ばっかり見て、現状をおざなりにはしたくないんです。だから僕にできる小さなことは目の前のことを確実にこなして自分の糧にしていきたいな。

そして三年後までには、「僕は将来○○になりたいんです!」って胸張って喋りたい。

 

水族館で働けなくて獣医や医者にもなれなかった僕はこれからの人生を思うよ。

僕だけじゃなくて、プロ野球選手になれなかった君も、ポケモンマスターになれなかった君も。今からできることは山ほどあるはず。(ポケモンgoは置いておいて)

 

さあ明日から月曜日です。一つ一ついきましょう。

 

 

 

 

君の事について


今日は少しだけ君の話をしよう。

今、君はどこにいるのだろうか。そこが安らかな場所なのか、辛い場所なのか、それとも無なのか今の僕たちには知る由もない。


君のいる場所と僕たちのいる場所はとても密接に繋がっていて、全ての人がいずれはそこに行くのだけれど、行ってしまった人達の感想だなんてわかりっこない。


君に会ったことは一度もなくて、なんなら今回のニュースで君の事を知ったくらいだ。それでも僕は君の事を考えずにはいられないんだ。


君の死が広まったのは余りにも突然の事で、とても様々な事象が絡み合ってた。それは日本有数の大手企業だった事、労働環境の事、美人だった事、これまでの発言の事、その後の報道規制の事、働き方と生き方の事等々、挙げて行ったらきりがないくらいだ。


色々な人がみんな好き勝手言いたい事を言って理解者のような顔をしてる現況だよね。そんな中で、僕も好き勝手言いたい事を言っていくよ。


個人的に一番大事な事があるんだ。

それは君が人に、環境に殺されてしまったってこと。


もしかしたら、その上司は君を育てるつもりだったのかもしれない。それとも、昨年比で部署の実績が落ちてて上から管理責任とかを問われてたのかもしれない。でもそんな事ってとってもどうでもいいよね。



先のある若者が、美人が、も一面としては大いに有り得るよ。そんな事を抜きにしても、1人の人間が殺されたってことはもっと深刻に捉えるべきじゃないかって思うんだ。


僕はその他大勢で括られてしまう名も無き労働者で、幸いな事に過労死ともパワハラセクハラともやや縁遠い環境にいる。それが幸運なことと言えてしまうのがとてもとても哀しいのだけれど。


どういう形であれ環境と人が人を死に追いやる事を正当化する事なんてできやしないでしょうよ。



君の上司に会える機会があったならどうしても一言いいたい。「人殺し」と。


君に会える機会が来たならば、「おつかれさまでした。」と。


君は逝ってしまった。君の為に、なんて出来ることは誰1人何もない。墓に線香を供えること、忘れない事なんて自分のため。


君だけじゃなくて。研修医の君も、営業だった君も、数多くの君達のために、出来る事なんて特に僕には、1つもないけれど、君の死を思考の1つのポイントとして、第二第三の君を生み出さない事、第二第三の君にならないこと。

僕が自分のためにできるのはその位。いずれ会う時があれば、普通に初対面っぽく挨拶してすれ違うだけの関係性になりたいな。


一番美味しかった食べ物について

 

食べる事が大好きです。毎日「今日は何をたべよっかなあ。」なんて考えているくらい。

料理も好きなので最近は食べて美味しかったもの、食べてみたかったものを自分で作ってご満悦の日々です。ビバ一人暮らし。

 

先日「一番美味しかった食べ物は?」って聞かれてとても悩んだんですよね。「好きな食べ物は?」という質問なら「カレーライスと生肉!」なんて即答するのだけれども。

 

かの阿茶の局は一番おいしいものを問われて「塩」と答えたそうです。(その後一番不味いものも塩、味付け次第で山海の物の味は美味くも不味くもなる。的なニュアンスの事を言っていたそうですが。) 「なるほど。」と思う反面、「そういう事を聞いてるんじゃないんだよ。」と思う面も多々。そんな余談は置いておいて、質問に対する答えは「選べません。。。」でした。そういう事を聞いてるんじゃないんだよって話ですね。はい。

 

でも簡単に選ぶ事はできないじゃないですか。強いて言うならば良さげなレストランや祝い事の際の「ハレ」なご馳走よりも、近所の定食屋とか家で食べるご飯とかの「ケ」のご飯の方が好きかなってくらい。

 

そりゃ目一杯着飾った料理はとっても美味しい。背伸びして一月前から予約したレストランのコースは確かに美味しかった。お店の雰囲気、料理の盛り付け、一緒に食べた思い出なんかも相まってキラキラした味だった記憶。でも案外印象に残っているのは高校生の頃に初デートで映画を見た後に食べたポテトだったり、二日酔いの朝にのんだしじみのお味噌汁だったりするんですよ。

 

他には裏庭でもぎったトウモロコシをそのまんま茹でたものだったり、部活動の後の5分の1位に薄めてキンキンにひやしたアクエリアスだったり、いつも人でいっぱいの賑々しい焼き鳥屋さんの60円のハツ串であったり。

結局のところ思い出深い味が好きなんだろうなって思います。それも今は手が届かない思い出のもの。思い出はいつも綺麗で、それだけじゃお腹が空くのかもしれませんが、食べ物の思い出は心なしかお腹も満たされます。これからも思い出深い食べ物にいっぱい巡り会えるといいな。

 

最後にこの文章を書きながらよぎった思い出の味の話。学生時代(とはいってもつい最近)住んでいた部屋から徒歩10分のところにあったエスニックカレー屋さんのランチサービスが大好きでした。日曜のよく晴れた日には二度寝をして11時頃に起きる。大通りをわざと外して細い裏路地をぐるぐる歩いてお店に到着。カウンターの中の黒板に書かれた「本日のランチ」を見てその日の気分で注文。運ばれてくるスパイスたっぷりのカレーにらっきょをこれでもかと乗せてあとは気の向くままに。

 

お会計の時にもらえる飴玉を舐めながらぶらぶらと今日は何をしよっかなーなんて思いながら歩く、そんな時間とカレーが大好きでした。もうあの町に住む事はないんだろうなとわかっているからこそ恋焦がれる青春の味です。美味しかったなあ。

 

以上

 

晴れ晴れとした失恋について。

とてもとても大好きな先輩の結婚式に参加してきました。何だか書き残しておきたい気分なので新幹線の中で雑多に所感を記していきたいと思います。

 

まったくもって湿っぽい話になったりはしないのですが...

 

出会いは大学入学のその日でした。新歓なる百鬼夜行の中で人混みに流され流され、変わってゆく私を優しく見守ってくれる貴方なんてどこにもおらず、故郷の田園地帯に思いを馳せていた頃の事です。

 

歓迎する気などないかのように硬く組まれた腕に鋭い目つき、足を肩幅に開き己が存在を主張する先輩に出会いました。山のような人とビラに囲まれていた私と目が会った時、黙って手招きをした先輩の元にフラフラと吸い寄せられた事を覚えています。

 

「君はうちのサークルに来なさい。絶対に後悔はさせないから。」

 

と断言され、活動内容もろくに知らないまま入会届けを書いてしまいました。(○○文化会的な学問系のサークルでした。)

 

そこからの先輩との思い出は余りにも多すぎて、書ききれません。ただ一つ強烈だった事は入会2週間の事。見慣れぬ人が部室で寝ており、いぶかしがって先輩に質問をした時の事です。

 

「ああ、私の婚約者だよ。」

 

事も無げ答えられました。先輩がパソコンから目を逸らさずに答えた事は不幸中の幸いで、その時の私の表情はそれはそれは情けないものだった事でしょう。

 

先輩と婚約者の関係は順調そのもので、私のような芋がどうこう思う事すらおごかましくって。何でも話せる先輩後輩の関係のような、同じ分野で奮闘するライバル、戦友のような、居心地の良いぬるま湯の中にどっぷり浸かっている間に4年の日々は過ぎて行きました。

 

4年の間に何人かお付き合いした人はいたけれども、どっかで先輩の背を追っている自分がいて、あまり長続きしない、そんな宙ぶらりんな状況でした。

 

さてさて、回想はこんなもんで終わりにしておいて、話は今に戻ります。

今日はそんな先輩の結婚式でした。1カ月前に結婚式のスピーチを頼まれた私はとても緊張して式に臨みました。

 

式場に現れた先輩の美しさたるや、言葉を失ってぼんやり見てる私に先輩は一言

「信頼してるからね。任せたよ。」と言い残して去って行きました。

 

スピーチの内容は陳腐なものです。先輩に余りにも多くの事を教わった事、自分の人生で一番尊敬している先輩である事を祝福の言葉を織り交ぜつつお話しました。

 

結婚式直前まで、自分が上手く話せるのか、途中で泣き出すのか非常に心配でしたが、そんな事もなく、むしろ話している途中でフッと落ち着ついた、晴れ晴れとした感情になりました。

 

これまでの漠然とした恋心が明確な感謝に変わっていく感覚でした。独りよがりのしみったれた感情である事は重々承知です。本当に感謝しかない。そんな結婚式でした。

 

先輩、本当にありがとうございました。本当に本当にありがとうございました。貴女に会えて私は幸せでした。

 

長々とりとめもない文章を連ねてきましたが、この話はここでお終い。帰りの新幹線の中、そっと「君よどうぞ幸せに。」と格好をつけて眠りに落ちます。

はじめましてについて。

「はじめまして」

普段から口にする事はそんなになくて、何か新しい事を始めた時、

新しい環境に身を置いた時に使う言葉ですね。

 

もう短い夏が終わって秋の入り口を感じる時期ではあるけれども、何となく春っぽい

この言葉をもってブログを始めます。

 

まだ何の目的も定まっていないこんなブログだけれども気の向くままに書き連ねていきたいな。

 

簡単に自己紹介をすると新社会人です。今月から関西に配属になりました。

慌ただしく過ぎた最初にくらべて少し余裕も出てきました。

 

なんのとりとめもない文章ですが今日のところはここまで。